【ブラジル ファゼンダバウー農園】

コーヒー豆栽培に最適の環境

ブラジル トミオフクダ ドライオンツリーは、ブラジルの中でも標高の高い場所に位置するパトスデミナス付近(標高1100m)で生産されています。特に雨季と乾季がはっきりしているこの地域は、コーヒー栽培に最も適した気候といわれています。




ドライオンツリー(樹上乾燥)だからこその、うま味と甘み
摘み取られる間際までたっぷりと栄養を吸収し、甘味をため込むまで樹上で完全乾燥させます。そのため通常の天日乾燥を必要とせず、収穫後は直接ドライチェリーの状態で木製貯蔵庫(トゥーリャ) に保管されます。樹上で乾燥し、ため込まれた甘味は、貯蔵庫でドライチェリーのまま寝かせることで熟成されるのです。?




オーナー自ら農園の管理にあたる品質重視の姿勢
オーナーのフクダトミオ氏は、従業員育成に大変熱心に取り組んでいます。 オーナー自らが常に農園に足を運んで木の状態を把握し、メンテナンス管理を行なっています。 生産量を増やすことだけを考えるのではなく、品質を重視し安定した味づくりを心がけているのです。?フクダトミオ氏が丹精込めて作り上げた、ブラジル本来の味を忘れさせることのない甘味たっぷりで風味豊かな『Mundo Novo Dreid On Tree』を是非ともご堪能ください。

About the owner

門前喫茶 Norah

宮城県仙台市西部の定義如来門前にある、自家焙煎珈琲と自家製パンの店です。

  

Norahと小学生アーティストSIONのコラボグッズ「のらしおん」のお求めはこちらから。

Top